1414円 isj-402-107 和食器 ス402-107 アメ釉4号タジン鍋 【メイチョー】 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 タジン鍋 【メイチョー】,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , タジン鍋,和食器,vsignsports.jp,1414円,ス402-107,/Benincasa552849.html,isj-402-107,アメ釉4号タジン鍋 1414円 isj-402-107 和食器 ス402-107 アメ釉4号タジン鍋 【メイチョー】 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 タジン鍋 isj-402-107 和食器 ス402-107 メイチョー アメ釉4号タジン鍋 定番 【メイチョー】,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , タジン鍋,和食器,vsignsports.jp,1414円,ス402-107,/Benincasa552849.html,isj-402-107,アメ釉4号タジン鍋 isj-402-107 和食器 ス402-107 メイチョー アメ釉4号タジン鍋 定番

isj-402-107 和食器 ス402-107 NEW ARRIVAL メイチョー アメ釉4号タジン鍋 定番

isj-402-107 和食器 ス402-107 アメ釉4号タジン鍋 【メイチョー】

1414円

isj-402-107 和食器 ス402-107 アメ釉4号タジン鍋 【メイチョー】




商品の仕様
●寸法:φ13.5×10.5cm 身4.7cm●原産国・産地:萬古焼●陶器●直火●vol26:ス402-096

※商品画像はイメージです。複数掲載写真も、商品は単品販売です。予めご了承下さい。
※商品の外観写真は、製造時期により、実物とは細部が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
※色違い、寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが、全て別売です。ご購入の際は、必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい。
※原則弊社では、お客様都合(※色違い、寸法違い、イメージ違い等)での返品交換はお断りしております。ご注文の際は、予めご了承下さい。

isj-402-107 和食器 ス402-107 アメ釉4号タジン鍋 【メイチョー】

ミャンマー産 尖晶石2





産地:Mogok Myanmar

輪座双晶で星形になったスピネル。
スピネル式双晶の星形とは違う、楽しい形をしています。



一見黒いのですが、強い光を透過させると赤が見えて綺麗です。





もう一つ、モゴック産のスピネル。
結晶が2つ繋がってハート形になっています。



この結晶、サイドから見た輪座双晶とよく似ています。
この結晶が3つ繋がって星形になるのかと想像してみたり。

スピネルは色も形も様々で楽しいですね。
スポンサーサイト



高知県産 水晶



産地:高知県高岡郡佐川町

1㎝角のアクリル台の上に、2つ乗ってしまうくらい小さな水晶です。

この水晶、紫外線を当てると



光ります。
内包された石油が、紫外線で蛍光するそうです。
長波と短波で蛍光が違うらしいのですが、残念ながら短波のUVライトが無く、試せませんでした。

お店の方によると、大学の先生が研究用に購入していかれたとか。
研究のために磨り潰すときいて、ちょっと勿体ないと思ってしまいました。

ブラジル産 水晶30



産地:Bahia Brazil

スモーキーにヘマタイトの赤茶が映える水晶です。
柱面の模様は表面についていますが、錘面のものは内包されています。



絵の具を散らした様な面白い模様です。
内部には針金の様な内包物も確認できます。
これもヘマタイトでしょうか。

中国産 蛍石 11



産地::Huanggang Mine, Chifeng Prefecture, Inner Mongolia, China

ツーソン品の売り出しが始まったので、行ってみました。
こちらは二年くらい前に出た蛍石だそうです。



【送料無料】 24ピースハロウィンパンプキンぬいぐるみスローソフトベルベット枕クッション装飾

八面体の蛍石を細かな水晶が覆い、その上に小さな八面体蛍石がちりばめられた、ちょっと変わった産状です。





表面の蛍石も内部の蛍石も、どちらも綺麗。
雰囲気が違う蛍石が楽しめて、ちょっと得した気分です。

鳥取県産 水晶



産地:鳥取県上地鉱山

国産の青水晶。
どちらかと言うと灰色がかった青よりも、青味がかった灰色と言った感じの色合いなので、外国産程は鮮やかさはありません。

トロフィー工房のトロフィーは[リボン無料][高品質レーザー印字無料][10000円以上お買い上げで送料無料] 楯 PL6211B/AN-4set



鮮やかさはないですが、金属光沢のある鉱物と共生していたりして、中々趣がある水晶ではないかと思います。
プロフィール

Author:翠
水晶、翡翠、柘榴石大好きですが、綺麗なもの、面白いものも集めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード